スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター試験について

とりあえず、センターに関しては「センターは満点が取れて当たり前」と思い込むことが一番重要です。というか正直こういった意識改革さえすれば、対策をはじめるのが遅くならない限り、センターはなんとかなると思います。ホントコレだけです。
センターで9割しか取れないとか人生詰んでるからwwwww樹海行けwwwww 私は少なくともこのくらいのことは思ってセンターの勉強をしていました。いや、ホントですよw


とはいっても全科目満点だった受験者はまだ一人もいないセンター試験。全科目満点は事実上不可能ですね、常識的に考えて。今年の理系は簡単だったから例外ですが、例年は国立医学部であろうと9割は及第点だと思います。しかし、満点にこだわる姿勢は高得点をとる上で非常に重要です。
たとえば満点を取ることを考えると、「捨て問」があってはマズい訳ですから、どの分野も漏れがないように日ごろから対策するでしょう。「9割取れればいいや」と考えている意識低い人はどうしても捨て分野を作ってしまいがちですから、得点にムラができてしまい非常に良くないですね。
また満点をとる事を考えると、計算ミスや問題文の読み違いなどのケアレスミスに日ごろから気を払って勉強するので、本番でのケアレスミスも相当少なくなるでしょう。満点じゃなくてもいいや、と考えている人はケアレスミスを犯しても「あーまたやっちゃったーw気をつければ出来たのになー。」などと考えがちなため、一向にケアレスミスが改善されません。
私も現役時代には特に満点にはこだわっていませんでしたので、分野の漏れも多かったし、ケアレスミスもなあなあで済ましてしまいがちでしたが、その結果本番では自分の学習が不足している分野ばかり出題されたり、ケアレスミスもいつも以上に犯したりしたため、結果は720/900と目も当てられないレベルの点数を取ってしまいました。ホントこの意識改革は重要だと思います。


<参考書について>
直近6年分くらいの過去問を満点が取れるまで繰り返しやりこんだのが非常に効果的でした。こうすることでセンター独特の勘がつかめるし、満点を取るときの感覚を体感できるので、非常にオススメです。
あと、駿台がだしている短期攻略シリーズは問題数が多く、過去問だけでは穴になりやすい分野についても問題演習が出来るので、オススメです。
なんたらパック系を本番直前期にやるのはあまりオススメしません。時間がかかるし、問題の傾向も本番のものとズレているので、あまり意味がない気がします。本番の形式に慣れることならば既にセンター模試や過去問演習で済んでるわけですので、時間がもったいない。。。それだったら追い込みをしたほうが私はいいと思います。



<センター社会について(理系向けです)>
私は理系には珍しく世界史選択でした。世界史・日本史は覚えることが多く「大変だ」と良く言われますが、私はそうは思いません。確かに公民や地理は歴史科目よりも覚えることが少ないですが、その知識を応用したり、組み合わせたりしてとかなければならない問題が結構あります。たとえば地理であれば、こういった問題に対処するには地理的な思考力を身につけなければなりません。これが意外としんどいのです。
反面歴史科目は覚えることは多いものの、覚えた知識がそのまま問題に直結することが多く、思考力はさほど必要とされていません。その点では地理・公民よりも私は歴史のほうが楽だと思います。まあ覚える量は確かに膨大ですが。
あと、社会科目は理系の場合英数理のあい間や直前期に対策するものだと思うので、自分の興味のある科目を選んだほうがいいです。英数理の合間に社会を少し勉強することでリフレッシュできますし、直前期に社会に飽きることも無くなるからです。



<センター理科について(理系向け)>
理系なんだからセンター理科はチョロイだろ、と思うかもしれませんが、案外高得点を取るのは難しいです。それはセンター試験が「教科書」から出題されるからです。
教科書は万人にわかりやすいように書いてあるので、事実と違う事が記述されていることがたまにあるので、ここから出題されてしまうと二次試験の出来る人でも間違えてしまうのです。もしかしたら二次試験の出来る人の方が間違えるかもしれません。
たとえば化学の教科書には理解しやすいように「エーテルはすべて水に不要」と書かれていますが、これは嘘ですね、常識的に考えて。現にジメチルエーテルやエチルメチルエーテルは余裕で水に溶けますw
こういう教科書が勝手に作った規則になれるためには、やはり教科書を読むに限ります。また物理なんかでは日常生活での物理現象について出題されることが多いですが、これも教科書では豊富に取り上げられているので、是非センターの前に教科書を一読するのが良いと思います。



<センター現代文について>
現代文を苦手にしている人は多いと思います。私は理系なので現代文はセンターのみでしたが、今年のセンター試験の現代文は98/100だったので、センター現代文について少し思うところを書きたいと思います。
現代文の解き方は周りの人を見る限り千差万別でした。重要な部分に線を引く人、順接・逆説の接続詞に丸をつける人、問題から先に見る人、などなど、本当にいろいろなタイプの人がいて面白かったです。ただ本番で成功したのは、「自分に合うやり方を確立できた人」だったように思えます。ですから過去問や模試なんかでいろいろな方法を試してみて、自分に合うやり方を確立させてみてください。安定して85点以上取れるやり方であれば、自分に合ったやり方だと言えるでしょう。
参考までに、私のやり方は「文章から最初に読む、線や印は絶対につけない、数段落読む毎に既読内容を軽く頭で要約しながら読む」というものでした。線や印を付けなかったのは、それに気を取られて本文の読みが浅くなることを避けるためでした。読み直したときに線や印が目に入ってうっとうしいですしね。
数段落ごとに軽く頭で要約することによって全体の流れをうまくつかむ事が出来ます。読み流しを防ぐことも出来ます。
ただこの読み方は非常に時間がかかります。問題を解き終わるまでに評論25分、小説20分くらいかかると思います。私はその分古文漢文の時間を削ることで埋め合わせをしていました。




まあこんなところですかねー。参考にしていただければ幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

貴重な体験談ありがとうございます!参考にさせていただきます。

>>名無しさん
いえいえ。こちらこそ読んで頂きありがとうございます。

河合の現代文の授業は役に立ちましたか?

No title

>>あさん

役に立ちましたよ。講義はどうでもいいですが、毎回センター形式のテストがあるので、いろいろな解き方を試すいい機会になりました。

たびたびすみません。自分は今年から河合塾に通います
前期の現代文の授業を選択すべきでしょうか? ちなみにハイパー医進です

>>あさん
担当講師にも依りますが、私は前期の現代文の授業は必要なかったと思っています。
他にも取りたい授業があるなら、そちらを優先してもいいと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

あたつよ

Author:あたつよ
東京医科歯科大学医学部医学科1年

男/20歳/おとめ座/A型/
いくつになっても痛い人。

最新記事
カテゴリー
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSリンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。